Event is FINISHED

紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門

Description
2017年、2018年に開催され、好評だった『紙と鉛筆で学ぶ量子情報理論基礎演習』改め『紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門』を今年も開催します。

セミナー内容については、下記の丸山氏からの案内文をご確認ください。

本セミナーの講演資料は、事前にダウンロード配布する予定です。当日は「紙と鉛筆(筆記具)」に加え、お手元で資料を確認していただける PC などのデバイスをご持参くださるようお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■本イベントの内容について(講師・丸山氏からのご案内文)


春は量子コンピュータを学ぼう!今春、三つのセミナーを開催します。
 
少しづつ日差しが暖かくなっています。もうすぐ春ですね。
今年の春は、量子コンピュータの勉強をはじめませんか?

角川アスキー総研とMaruLaboで、今春、三つのセミナーを計画しています。

 セミナーA:「紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門」 2/23開催
 セミナーB:「紙と鉛筆で学ぶ量子アルゴリズム入門」
 セミナーC:「実際の量子コンピュータで学ぶ量子プログラミング・ハンズオン」

いずれも、6時間の演習コースです。以下、その概要です。

 -----------------------------------------------------------------------
 セミナーA:「紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門」
 -----------------------------------------------------------------------

 はじめて量子コンピュータを学ぼうという人を対象にしています。量子コンピュータがなくても、紙と鉛筆で「計算」すれば、量子コンピュータの動作の原理が理解できるというユニークなセミナーです。そこで利用されている数学の初等的な説明も含まれています。すでに、300人以上の方が、受講している定番のコースです。今春の三つのセミナーの第一弾として、2/23に開催します。

 -----------------------------------------------------------------------
 セミナーB:「紙と鉛筆で学ぶ量子アルゴリズム入門」
 -----------------------------------------------------------------------

 セミナーAの「紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門」の内容を前提にしています。量子アルゴリズムの基本と、その重要な成果である「ショアの素因数分解量子アルゴリズムで重要な役割を果たす、「量子フーリエ変換」について、紙と鉛筆の演習形式で学びます。
内容的には、昨年11月2日に行われた、マルレク「量子アルゴリズム入門」の演習版です。 

 -----------------------------------------------------------------------
 セミナーC:「実際の量子コンピュータで学ぶ量子プログラミング・ハンズオン」
 -----------------------------------------------------------------------

 このコースは、プログラミングの基本的なスキルを持つ人を対象としています。このコースの最大の特徴は、「紙と鉛筆」ではなく、「実際の量子コンピュータ」(あるいはそのエミュレータ)で、量子コンピュータの動作を確認することです。また、そのためのプログラミングの仕方を学びます。IBM-Q, Google CirQ, MS Q# のいずれかを利用する予定です。(全部ではありません) 内容的には、セミナーAの知識があるのが好ましいと考えています。

当面、セミナーA「紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門」を、2月23日に開催したいと考えています。セミナーB、セミナーCの開催予定については、少しお待ちください。

量子コンピュータを学ぶことに関連して、ひとつお知らせがあります。3月25日、DMMさんで開催予定のマルレクのテーマは、「量子コンピュータをやさしく理解するための三つの方法」です。こんな内容です。

 -----------------------------------------------------------------------
 3/25開催 マルレク「量子コンピュータをやさしく理解するための三つの方法」
 -----------------------------------------------------------------------

 量子コンピュータへの関心が高まっています。その一方で、それへの「近づきがたさ」を感じている人もたくさん存在しています。むしろ、量子コンピュータへの関心の高まりとともに、そうした層は、増大しています。こうした中で、量子コンピュータの基礎を、高校生にも分かりやすく理解してもらうことを目指す試みも、活発に探求されています。講演では、こうした取り組みの中から、三つの試みを紹介します。

今年の春は、量子コンピュータを学びましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の募集は、『紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門』のみです。それ以外のお申込みは後日、ご案内いたします。

 なお、『紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門』は『紙と鉛筆で学ぶ量子情報理論基礎演習』とほぼ同じ内容です。次のようなトピックを取り上げます。

・量子論の成立と発展
・量子論と量子情報理論
・補講:ベクトル・行列演算入門
・重ね合わせの記述とket記法
・観測とエルミート演算子
・量子の状態変化とユニタリ演算子
・n-qubitシステムとしての量子ゲート



【開催概要】


■セミナータイトル
『紙と鉛筆で学ぶ量子コンピュータ入門』
[Hosted by 角川アスキー総合研究所]

■開催日時
2019年2月23日(土)13:00 ~ 19:00(12:30 受付開始)

■会場
五番町グランドビル7階/KADOKAWAセミナールーム(東京都千代田区五番町3-1)
地図: http://ir.kadokawa.co.jp/company/map/ichigaya.php

■定員
約60名

■参加費※下記「チケットの購入について」をご確認ください※
一般:6,000円(税込)
マルレク協賛会員:3,000円(税込)
学生:3,000円(税込)

■講師
丸山不二夫(まるやま・ふじお)氏

<プロフィール>
東京大学教育学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。稚内北星学園大学学長、早稲田大学大学院情報生産システム研究科客員教授等を歴任。オープンソースのコミュニティ活動に積極的に参加。日本Javaユーザー会名誉会長。日本Androidの会名誉会長。クラウド研究会代表。
近年では、日本のIT業界がグローバルな技術イノベーションの一翼を担うことを目標に、連続講演会「マルレク」を主宰し、クラウドコンピューティングや人工知能などの技術について講演を行っている。

■持ち物
演習に使用する筆記具(ノート、鉛筆、ペンなど)、PC などのデバイス

■主催
株式会社角川アスキー総合研究所

※講義内容は予定です。都合により変更となる場合があります。
※定員となり次第申込受付終了とさせていただく場合がございます。
※お申込み(チケットの購入)前に、下記の『開催に関する注意事項』を必ずお読みください。

---------------------------------------------

開催に関する注意事項(お申込み前に必ずご一読ください)


 本イベントへのご参加にあたり、予めご確認いただきたい点についてのご説明です。下記4点について、お申込みの前にご一読くださるようにお願いを申し上げます。

1. 当日会場への入退室などについて
  • 受付は会場となる、五番町グランドビルの 7F にておこないます。
  • 当日はエレベーターで 7F までお上がりいただき、受付をお済ませください。
  • オフィスビル内の会場となるため、セキュリティ上の都合、原則として途中外出/再入館はご遠慮ください。
  • 飲み物は会場内に自動販売機がございます。またビル 1F にはコンビニ(セブン-イレブン市ヶ谷駅前店)がございます。
  • ご都合により途中退場される方はスタッフまでお声がけください。
  • 開演1時間後(14:00)には受付を締め切ります。遅れて到着される際などには Peatix メッセージ機能にて、主催者側へのご連絡をくださるようにご協力をお願いいたします。
  • 会場には無線LANによるインターネット接続のご用意があります。
  • 電源のお貸し出しはいたしませんので、モバイルバッテリーをご持参いただくなど必要なご対応をお願いいたします。
2. 当日スムーズにご入場いただく為、下記の準備を事前にお願いいたします
  • 受付にて名刺を1枚頂戴いたします。
  • スマートフォンをお持ちの方は、お手持ちのデバイスへ Peatix アプリ をダウンロードしてください。
<iPhoneをお使いの方> http://ptix.co/RzBX6A
<Androidをお使いの方> http://ptix.co/ZHKkS8
  • アプリ内に入場チケットがございます。「購入されたチケット名と枚数」および「チェックイン」ボタンが表示された画面を受付にてご提示ください。
  • 「チェックイン」ボタンは受付スタッフが確認の上で押しますので、ご自身では押さないようにしてください。
  • スマートフォンをお持ちでない方、もしくはアプリをダウンロードできない方は、購入完了メール内の “ウェブで確認”より表示されるQRコード、あるいはQRコードが印刷された用紙を受付にてご提示ください。
  • 携帯電話(フィーチャーフォン)でお申し込みの方は、お申込み時にご登録いただくメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メール防止の為に受信設定をしていると、チケットに関するご案内メールを受け取れない場合があります。受信設定をしている場合は「@peatix.com」からのメールが受け取れるよう設定の上、支払い手続きを行ってください。
3. イベントに関するご連絡/お知らせなどの確認方法について
  • イベントに関する事務連絡は『Peatix メッセージ機能』を通じてお送りいたします。イベントによっては開催前後に資料ダウンロード情報などをお知らせすることもございます。
  • 事務局がメッセージを送付すると、Peatixへご登録されているメールアドレス宛に、メッセージが届いている旨の自動メールが配信されます。
  • また Peatix アプリをご使用の場合は、アプリ下部にある『プロフィール』タブのなかに、ご自身のアカウントへ届いているメッセージ一覧を確認いただける機能もございます(アプリからの通知を許可しておくと、メッセージ受信時のご確認に便利です)。
  • 特に開催日の前後は、事務局からご連絡をお知らせする機会が発生しやすいため、Peatix へご登録のメールアドレスや、Peatix アプリをご確認くださるよう、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
  • なお Peatix へご登録されているメールアドレスの確認や変更の方法については、こちらをご参照ください
4.チケットのご購入について
  • 学生参加の方は、当日は必ず学生証をご持参のうえご来場ください。受付にて学生証の確認ができない場合、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。
  • マルレク個人協賛会員の方は、今回特別に参加費3,000円で受講いただけます。
  • なお、協賛会員で申し込まれる方は、マルレク個人協賛のお申込みに利用したメールアドレスをお使いください。違うアドレスですと、会員の確認が取れませんので、会員割引が受けられない場合がございます。
  • 「マルレク個人協賛会員」への協賛お申し込みは、下記のサイトから受け付けています。
 http://goo.gl/ktmLZv

---------------------------------------------

領収書について


原則としてクレジットカードの利用明細書、またはコンビニ決済時のレシートを領収書としてご利用いただけます。その他 Peatix では領収書の代わりに支払いの証明として利用いただける領収データ(PDF)をダウンロードいただくこともできます。領収データに関する詳しい情報は、Peatix ヘルプセンターの該当記事をご参照ください。

チケット受渡方法


チケットお申込み後、登録されたメールアドレスにQRコード付Eチケットメールをお届け致しますので、イベント当日、開場受付にてメールの画面をご提示いただくか、またはプリントアウトした用紙をお持ちください。上記でご説明している Peatix のスマートフォンアプリが便利です。

---------------------------------------------

イベントに関するお問い合わせ先:
株式会社角川アスキー総合研究所
アスキー事業部リサーチメディア室
TEL:03-5216-8125
メール:seminar@lab-kadokawa.com

---------------------------------------------
Sat Feb 23, 2019
1:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
五番町グランドビル 7F / KADOKAWA セミナールーム
Tickets
一般 SOLD OUT ¥6,000
マルレク協賛会員 SOLD OUT ¥3,000
学生 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都千代田区5番町3-1 Japan
Organizer
角川アスキー総合研究所
2,591 Followers